滑り込みで2話目を見た旅丈です。

2018年冬アニメの『宇宙よりも遠い場所』を鑑賞した感想ですが、素晴らしい作品でした!

『宇宙よりも遠い場所』とは?

そこは、宇宙よりも遠い場所──。

何かを始めたいと思いながら、中々一歩を踏み出すことのできないまま高校2年生になってしまった少女・玉木マリ(たまき・まり)ことキマリは、とあることをきっかけに南極を目指す少女・小淵沢報瀬(こぶちざわ・しらせ)と出会う。高校生が南極になんて行けるわけがないと言われても、絶対にあきらめようとしない報瀬の姿に心を動かされたキマリは、報瀬と共に南極を目指すことを誓うのだが……。

by ニコニコアニメチャンネル

まあ要するに女の子たちが南極行くアニメって感じであってるんじゃないですかね?

アニメ原作なのでよくわかりません。

でもちょっと興味があったので手を出してみました。

さて、早速感想おば。

鑑賞した感想ですが。

※ちょっとネタバレになるので注意。

アバンタイトルとOP

港を背景に主人公の独白スタート。

よくありがちだけどめっちゃ好きな開幕。

そしてすごい寝相の主人公と汚部屋に場面が切り替わります。

ちょっとリアリティのあるだらしない女子高生のお部屋って感じなんですかね?

まあ高校生のお部屋なんて男女共通で散かってるものでしょう。

主人公の普通っぽさというか、特別でない感じが伝わるシーンでした。

そして目が覚めて飛び込んできたのは『高校に入ったらしたいことリスト』。

そこには日記をつける。一度だけ学校をサボる。あてのない旅に出る。そして、『青春、する。』

 

それを見つけた主人公は突然泣きます。

これは入学前はやりたいことがあったのに全然やれてない!ということから感極まって泣くというシーンかな。

感情が振れやすい主人公らしい性格と、全く達成できていないやりたいことリスト。

普通で平凡な高校生。

とてもいいですねぇ。

 

そしてOPへ。

きららジャンプを見せるOPのタイトルは『The Girls Are Alright!』。

日常生活から南極という非日常へ移り変わることが分かる良いOPです。

OP見てる感じだと、厳しい訓練に耐えて南極へ行くという作品ではない感じなのか、南極を楽しんでいるシーンが多くみられますね。

まあきっと乗り越えるべき困難はたくさんあるでしょう。

そこは本編に期待。

Aパート

サブタイトルのアイキャッチって表現であってるかわかりませんけど、そのアイキャッチがとても良い。

キャラクターのSNSアカウントの投稿が表示されているのですが、GIF画像で投稿されているため、GIF画像特有の同じ動きを繰り返すという表現がたまらんですばい。

サブタイトルが、画像を編集したやつっぽく描かれていたり、タグやアカウントのIDなども丁寧で個人的にとても好きなやつです。

 

さて、Aパート。

主人公の女の子は『玉木マリ』、通称キマリ。

アバンで見たやってみたいリストを実現しようと焦るキマリ。

学校をサボってあてのない旅にでる!と決心!

モノローグといい感じのBGMを流しながら旅に出るシーンかと思いきや。

気が付けば普通に登校しているキマリ。

やろうと思う直前までいっても実行することができない。

そんな自分の性格に自己嫌悪に陥るが、そこは理解ある親友が相談に乗ってくれます。ナイスめぐっちゃん。

 

めぐっちゃんのおかげで元気を出して帰るキマリ。

そこで、帰り際の駅のホームで少女とすれ違います。

そのすれ違いざまに封筒の落とし物。

思わず拾ってしまったその中身はなんと100万!

サブタイトルを回収していきます。

 

気が動転して警察に届けることもできず学校に100万を持ってきてしまうキマリ。

めぐっちゃんに相談して落とし主を探すことに。

キマリが覚えているのは、同じ学校の制服、髪は長め、美人、そしていい匂いがしたとのこと。

そんな情報だけで人探しに付き合ってくれるめぐっちゃんマジめぐっちゃん。

 

そして偶然あのとき香った匂いが!

あとをつけるとトイレの個室に。

声をかけようとすると、個室のドアをたたく衝撃と嗚咽が。

よく聞くと「100万……100万円……」と聞こえます。

そして主要人物の一人小淵沢報瀬(こぶちざわしらせ)と初対面します。

クールという見た目と強気な態度でちょっとたじろぐキマリ。

めぐっちゃんが匂いを嗅いでまわっているアイキャッチが入りAパートは終了です。

 

Aパートはキマリの普通の高校生らしさと、何かしたいけど何がしたいのかわからないという思春期特有のもどかしさが描かれています。

キマリが本当に普通の高校生として描かれているのが個人的にはとてもきますね。

Bパート

トイレスタート。

件の少女、報瀬がキマリの持つ封筒をみて驚愕。

鼻息を荒くしながらキマリに近づき涙を流しながら感謝をします。

とても美人な報瀬ですが、キマリに対する感謝のしかたでクールという見た目からくる印象が吹っ飛びました。

クールな子が照れるとかわいいというのは鉄板ですが、クールな見た目に反してグイグイくるのもよいですね。

 

そして、なぜ100万も持っているのかの事情説明。

「数年前に南極で行方不明になった母を探すために南極へ行くための資金を貯めている」とのこと。

めぐっちゃん曰く報瀬は南極というあだ名で有名な人物らしい。

キマリは報瀬のことをすごいと思ったけど、めぐっちゃんの反応は現実的で「南極なんて行けるわけがない」とちょっと冷たい反応。

まあ高校生が南極とか普通に無理だし当然と言っちゃ当然。

それでも友人も作らずに放課後はひたすらアルバイトしてお金を貯める報瀬。

ゆえに報瀬は変人として有名なのだそうだ。

 

みんなは無理だって言ってるけど本人は本気。

そんな報瀬が気になるキマリは報瀬の母親が書いたという本『宇宙よりも遠い場所』という本を読みます。

そしてキマリは何かを決意。

そこで偶然報瀬を発見、声を掛けに行くキマリ。

キマリが声を掛けに行くと報瀬を南極と呼びからかう意地悪な女子生徒が報瀬にちょっかいをかけていました。

報瀬を先生が呼んでいると嘘を言い、うまいこと女子生徒を撃退したキマリは場所を移し報瀬と話をします。

 

「あなたのこと応援してる!」キマリそう報瀬を激励します。

「高校に入ったら何かをしようと思っていた、でも何もできなくて……。だから、みんなに馬鹿にされても本気で頑張れるのってすごいと思う!」自分の気持ちを報瀬にはっきり伝えるキマリ。

何か手伝えることはないかそうキマリが報瀬に聞くと――

「じゃあ、一緒に行く?」

 

キマリの気持ちを確かめるように報瀬は自分が乗るつもりの船『砕氷艦しらせ』の一般公開されるという旨のチラシをキマリに渡します。船の名前と一緒の名前っていいねぇ。

場所は広島、キマリが住むのは群馬。

いい感じのBGMとともに悩む主人公。勝確の演出ですね。

BGMの名前は『ハルカトオク』。いい曲だ。

こういう挿入歌めっちゃ好きやねん。

 

そして、モノローグとEDと共についにキマリは一歩踏み出します。

Aパートのモノローグを踏襲しているのがやりますねぇ!

EDのタイトルは『ここから、ここから』。

広島へ向かう描写と共にロングバージョンのEDが流れます。

途中、報瀬のスマホの画面がアップされますがそこには母親からの空メール(たぶん)が一通。

このメールがおそらく母親から送られてきた最後のメールなんじゃないかと。

 

そしてEDの終わり間際、アバンで最初に使われたの同じ港のカット。

このちょっとした伏線回収みたいなのいいねぇ。

盛り上がるBGMとともに報瀬がいい感じに砕氷艦を説明。

BGMとキマリのモノローグと共に、タイトルがバーン!とでてきて終了。

アニメにしかできないこの表現が本当に大好きです。

Cパート

途中キマリとめぐっちゃんが立ち寄ったコンビニの店員さんが地球儀の南極をを見るシーン。

三宅さんという主要メンバーの一人ですね。

活躍は次回かな?

アニメ 宇宙よりも遠い場所 第1話「青春しゃくまんえん」は以上になります。

総評

視聴確定!

ノーマークの作品でしたがとても面白かったです。

キマリの平凡さや、報瀬のクールに見えて笑顔が柔らかかったりするギャップ。

キャラクターの特色がはっきりしていて、とてもいいです。

 

学生時代、何かをしたいけど何をすればいいかわからないという状況は多くの人が経験している状況なんじゃないかなと思います。

僕自身もそうでしたので、このキマリの何かやりたいけど漠然としている感じや、一歩がなかなか踏み出せないという状況に共感を覚える共に応援したくなります。

それと相反するように南極に行くという目標のためだけに生きる報瀬はとても輝いて見えるとともに、その純粋さに惹かれます。

きっとキマリも彼女のその純粋さに惹かれたのでしょう。

 

あとは全編を通じて用いられているSNSの表現もいいですね。

『ゆるキャン△』などでも多用されているSNSの表現ですが、現代を舞台とした作品ではもはや欠かせないモノなのかもしれませんね。

個人的にはこの表現大好きなのでもっとちょうだいって感じです。

ついに動き出したキマリの青春は一体どうなるのか、期待が高鳴るばかりでありますね!

 

余談ですがこのアニメの制作陣は『ノーゲーム・ノーライフ』を作ったマッドハウスという会社なのでちょこちょこ『ノーゲーム・ノーライフ』の宣伝が入ってたりします。

探してみるのも面白いかもですね。

 

アニメ公式サイト:http://yorimoi.com/
アニメ公式Twitter:@yorimoi